白桃のシャルロット

a0260001_19433454.jpg


LEICA M8 + Ernst Leitz Wetzlar Summicron f=5cm 1:2




うおー!雷が鳴っている!!春がきたようだ。

私、この度、久しぶりのレンズ交換式デジカメを入手したわけですが、
何故かライカです・・・

私のカメラ人生はCanonのコンパクトからはじまり、はじめてのデジカメもCanonのコンパクトでした。
一眼はNikonをずっと・・・フジフイルム、ミノルタのデジイチはNikonと併用期間があり、
一度だけCanonのEOSを使ったことがありますが、
やはりNikonが好きでした。

しかし、GRデジタルを使い出してからというもの、
その機動性がとても魅力的で、
スナップ?ストリートフォト?が楽しくなりました。
手軽に気軽に撮ることに慣れ・・・撮影に時間を割くこともなくなっていきました。

その間、自転車に乗ったり、何やら、かにやらww
それは、それで楽しかったのですが・・・
今年の2月・・・あることをきっかけに、また一眼を構えてみたいと思うようになりました。

手っ取り早く、高性能な一眼?wをと思い、
デジタルではなく、値段がこなれたフィルムの一眼を数十年ぶりに入手w
シンプルな機能に、小さいボディーは振り回しやすく、
GRと同様に凄く気に入った存在となりました。

ところが、現像待ちや、フィルムの有効的撮影等々を考えてしまい・・・
思いのままに撮れないと事態に陥りました。
フィルムや現像代を気にしなくて済むのなら発生しない問題なのですが、
デジタルを知ってしまった今・・・それは無理www

このブログでもデジイチについての葛藤を書き綴ってきたわけですがw
過去、色々なデジイチを使えども・・・どれも使いきれず・・・
まぁ、選り好みし過ぎなのでしょうがw
写真が下手な私は、カメラに頼りたいところが大きいのです!

フルサイズを2機種使った後では、APS-Cに魅力を感じられないのですが、
予算的な問題もあり、D300あたりを狙ってみようかと思いつつも・・・
もっと小さく、機能的に簡素化されたカメラが欲しいというのが本音でした。

ノンレフレックス

GXRやX-Pro1・・・評判は良いけど、もっとこうなんというか、
F3のようにボディーの外面スイッチだけでシャッター速度が選択できたり、
測光モードは一つだけだったり、
必要機能がすぐに呼び出せる(悩まず呼び出せる)という点では、
GRに似ているGXRはまずまずだったのですが、
F3のようなシンプルさとは違うような気がしました。
X-Pro1についてはフジフイルムへ行き、実機に触ってみましたが・・・
ファインダーが・・・なんというかピント合わせが光学ファインダーで確認できない・・・
まぁEVFで出来るんですが、古い人間な私には抵抗がありました。
Nikon1のがEVFの感じは好みでしたし・・・

っで、色々悩んだ結果、すべてリセットし、GRの延長線で、尚且つじっくり撮っても満足いく画質、
APS-Cサイズで、GRより高画質、ノーファインダーでも使えそうなカメラをということで、
ライカのX1を狙ってみようかと思いはじめました。

ある雨の日曜日、人形撮影を屋外ですることが出来ないので、
地下街等で撮影できればいいかな?なんて散歩がてら銀座に行くことにしました。
銀座に行けばリコーもライカも見られるし!

銀座のライカは、庶民な私には、いささか入りにくい雰囲気でしたがw
意を決してwww
お店の中に入ると、パナソニック製をはじめてとする現行機種が展示されていました。
もちろんX1も・・・

なぜか・・・

しばらく店内を眺め・・・

なぜか・・・

なぜなのか・・・

私は、店員さんにファインダー覗いてみていいですか?っと、
M9を指差し・・・

聞いてしまいました。

「どうぞ、是非電源を入れて撮ってみてください」

電源はモードスイッチも兼ねていましたが、
シンプルそのもの、迷わず起動。
レンズに左右されないレンジファインダーの視界は、
慣れた一眼と違い新鮮で、しかも見やすい。
ピント合わせがしやすいとは別ですがwww
でも、思ったよりピントも合わせやすく、
っというか、ピント確認の為のプレビュー、拡大もわかりやすい。
シャッターモードダイヤルは、F3と似てAの露出優先と、数字のみ・・・
ミラーの無いシャッター動作音・・・
小型、軽量なボディー・・・
AFじゃないけど・・・デジタルだし・・・

いいな、これ。

X1には触れず店を出る・・・www

一緒に行ったまぐさんは、もう何も言わず・・・
私の気持ちを理解してくれていました。

レモン社へ行く・・・
M7からデジタルだっけ?っとまぐさんは言う。
いや、M8から・・・

色々なカメラを眺めつつ・・・そこで「てんとうむし」のソフトレリーズボタンを見つけた。
これ付けたいなっと思った。

あとは・・・時がくるのを待つだけ・・・


その日から1ヶ月・・・私はM8を手に入れた。
F3より少し小さなボディー、一眼より小さいレンズ、シンプルで取説要らずの操作性、
迷うことの無い測光モードw(一種類しか搭載されていない)
ファインダー内の露出計も大きな三角で見やすく、マニュアル露出でも使いやすい。
APS-Hで1010万画素。今となっては適当に低画素(手ブレしにくいか?)
D100等が搭載していた、かつての名センサー?APS-C 610万画素を思い出す。
ローパスフィルターが無いシャープな画質(モアレ万歳!!)
これは、本当にAFを除いては、全て理想的な条件を満たしている。

レンジファインダーのMFは、それで良いのだと納得もできる。


私はNikonが好きで、CONTAXに憧れ、
Nikonを使い、NikonにCarl Zeissのレンズを付けた。
LEICAを買うなんて考えてもみなかった・・・30年のカメラ人生。


好き嫌いではなく・・・LEICAを意識したことがなかった。
LEICAってお金持ちが買うものでしょ?っと、まぐさんは言っていた。
たぶん、私の中にも、そんな思いがあったのかも知れません。

でも、たぶんLEICAは値段の価値があるような気がする。
値段の分、性能が良いと言う意味ではなく・・・

だってLEICAなのだから・・・w


銀座のライカで、M9に触ろうとしない、まぐさんに店員さんが声を掛けた。
「お連れ様も、是非触ってみて下さい」と、
D3を持つまぐさんにM9を触らせてみたいようだった。
自信の現れだったのだろうか?
ちょっと面白い光景であった。

しかし、まぐさんにとってD3以外は有り得ないのだ!!www
だってニコ婆なのだから・・・



私はNikonが好きで、これからもNikonは好きだろう。
LEICAを使ったからそこ、Nikonの良いところが更に良くわかった。
F3は今後も活躍してくれるはず!!(たまにねw)
まぐさんのD3を借りてみるのも楽しいだろう。

でも、私はLEICAを使う。
ここからカメラ人生第二幕!リスタートなのである。
自称、写真よりカメラ好きだ!LEICAを使えるのは幸せなんだぜ!!
[PR]
by aoren_v3 | 2012-04-24 22:27 | Muse doll


勝手に Muse Doll 日本普及委員会


by 蒼井 練乳

プロフィールを見る
画像一覧

外部リンク

検索

最新の記事

ブログ引越し及び統合
at 2013-03-11 20:00
グリーンティーマーブル ココ..
at 2013-03-10 22:34
ストロベリーチーズ ココアデ..
at 2013-03-09 21:13
バニラミルクティー ココアデ..
at 2013-03-08 21:07
ミルクチョコキャラメル ココ..
at 2013-03-07 20:17

以前の記事

2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

カテゴリ

全体
Blythe
Muse doll
momoko
DAL
マスクの人
写真

前輪
特別企画
【ネタバレ】蒼井練乳の偏な文
未分類

タグ

(318)
(304)
(300)
(61)
(35)
(18)
(17)
(14)
(9)
(6)

最新のトラックバック

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
www.flickr.com
Rennyu Aoi's items Go to Rennyu Aoi's photostream

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ

画像一覧